わたし気になります!!

気になる記事をたくさんあつめてみました。アニメ・ゲーム関連が多いかもしれない。

    2009年10月

    マイクロソフトは22日午前0時、約3年ぶりとなる新OS「ウィンドウズ7
    (セブン)」の発売を開始しました。


    東京・秋葉原や大阪・日本橋の電気街では、深夜にもかかわらず、パソコンショップの販売カウントダウンイベントに長い行列ができるなど、販売のすべり出し
    はまずまずのようです。


    ウィンドウズ7の特徴のひとつが「マルチタッチ」機能。タッチパネルを備え
    たPCの画面を、直接指でタッチしたり、なぞったりすることで、マウスやキー
    ボードを使わずに端末を操作することができます。


    これまでも同様の機能を持つパソコンはありましたが、基本ソフトであるOS
    がタッチパネル機能のサポートを強化したことで、普及が加速するかもしれま
    せんね。



    windows7▽最安価格サイト▽



    戸田えりかと松田翔太のコンビが
    映画で復活します。


    映画 ライアーゲーム公開後には、
    ライアーゲームシーズン2として、連続ドラマも放送予定。


    あらすじ<<

    「バカ正直のナオ」と呼ばれるほど人を信じやすい女子大生・神崎直。


    そんな彼女のもとに小包が届けられる。 「LIAR GAMEに参加される場合のみ、この箱をお開けください」という注意書きをよく読みもしないうちに、直は小包を開封してしまう。


    その中には1億円分の札束がしまわれており、「いかなる手段でもかまいません。対戦相手からマネーを奪ってください」と書かれていた。


    こうして直は、謎の組織が主催するゲーム・トーナメント「ライアーゲーム」の第一回戦「1億円奪い合いゲーム」に参加させられる事になった。


    なんとかゲームを降りようとするが、どこに相談してもまともに取り合ってもらえない。


    やがて、対戦相手が発表されたが、その相手は直の中学時代の恩師、藤沢だった。早速藤沢のもとへ向かった直だったが、藤沢の言葉に惑わされ、まんまと1億円全額騙し取られてしまう。


    なんとかして1億円を取り戻そうと躍起になった直は、天才詐欺師の秋山深一に助けを求めるが…。




    1933年2月17日にトーマス・J・C・マーティンが中心となって創刊され、当時は「News-Week」とハイフンが入った名称だった。


    第二次世界大戦前後に売り上げを伸ばし、1961年にワシントン・ポスト社に買収された当初は写真とニュースを売り物にした雑誌だったが、次第に論説やインタビュー記事、著名人によるコラム、独占取材など、多様な内容に変わっていった。


    ニューヨークの本社のほかに、アメリカ国内に9つの支局、世界中に13の支局がある。外国支局は、メキシコシティ、パリ、東京、ワルシャワ、ケープタウン、フランクフルト、香港、エルサレム、ロンドン、モスクワ、北京にある。



    ニューズウィーク日本版 便利でお得な年間購読!!

    継続は力なり!! 読みたい記事を毎週逃がさずチェック!!
    1.【最大30%OFF!!】
    2.【限定4大特典!!!】
    3.【送料無料!!!!】

    今なら4大特典特典付き!

    便利でお得な年間購読はコチラ!

    FX取引はオンラインで口座開設ができる【EMCOM TRADE】

      ● スプレッド0.1銭〜
      ● レバレッジ最大400倍
      ● 取引手数料0円


    初心者の方から経験者の方まで、きっとご満足いただけるサービス内容を備えております!


    是非この機会に一度立ち寄っていただき、ハイグレードなFXトレーディングを
    その目でご確認下さい!!

    【EMCOM TRADE】ドル円0.1pip〜





    今注目のFX業者、株式会EMCOM証券の口座開設です。



    株式会社パンタ・レイ証券が運営する「みんなのFX」では、
    皆様の取引ご参加をお待ちしております。

    ●手数料無料!
    ●スプレッドは1銭から!
    ●レバレッジ400倍選択可能!
    ●ダイレクト入金も利用できます!


    アクティブトレーダーやスキャルピングトレーダに注目の『みんなのFX』注目されるからには、理由が有ります!



    ☆☆☆ドル/円 0.7銭!!!
    ☆☆☆10,000円キャッシュバック!!!




    是非皆さんも、その目で確かめてみてください!!


    口座開設はこちら





    このページのトップヘ